便秘を解消する為に必要な事とは!?

便秘解消方法を実践して効果を感じて喜んでいる女性のイメージ図

便秘解消方法としては、どのような方法が安心して、安全に快便を目指すことが出来るのか紹介します。

 

便秘になるのは、基本的に病気以外では、腸内環境が悪化しているというのが原因になることが多いです。

 

この為、基本的には、栄養バランスの摂れた食事をし、適度な運動をして、シッカリと睡眠をとると言った規則正しい生活をするというのが基本的な便秘解消法です。

 

そもそも、なぜ、便秘になるのか?

便秘になる原因としては、

  • 腸内細菌のバランスの悪化
  • 水分不足
  • ストレス
  • 妊娠
  • 食事量が少ない
  • 酵素量の不足
  • 排便の我慢
  • 運動不足
  • 薬の服用

と言ったような事が原因で、便秘になる可能性があります。

 

上記の便秘の原因について、具体的に、なぜ原因になるのか?どのように便秘解消を目指すことが出来るのかと言った点について個別に紹介します。

 

 

腸内細菌のバランスの悪化

便秘になる人の多くは、腸内環境の悪化が原因な場合があります。腸内には、善玉菌と悪玉菌があります。この悪玉菌の量が増えると腸内環境が悪くなり、便秘になりやすい状態になっています。これに対して、腸内の善玉菌が増えると腸内環境がよくなってお通じも良くなります。この為、いかに腸内環境を良くするのか?腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすのかと言った点が大切になります。

 

腸内の善玉菌を増やす為には、乳酸菌やビフィズス菌を食事などで摂ると良いです。基本的に乳酸菌やビフィズス菌というのはヨーグルトや納豆、漬物などの発酵食品に含まれています。

 

また、腸内の善玉菌数を増やす為には、善玉菌のエサとなるモノを食べると良いです。善玉菌のエサになる食べ物としては、リンゴ、バナナ、玉ねぎ、トウモロコシ、ジャガイモ、牛乳、蜂蜜などがあります。これらの食材を使った食事を心がけると、腸内の善玉菌を育てることが出来ます。

 

リンゴやバナナ、玉ねぎ、ジャガイモなどに含まれている腸内環境に良い成分として共通しているのが、オリゴ糖です。オリゴ糖を飲飲むことによって、善玉菌を増やすことが出来ます。

 

ただし、オリゴ糖は、スーパーで売られているシロップのようなオリゴ糖ではオリゴ糖の配合量が少ないので、あまり効果は感じられませんでした。その為、オリゴ糖を利用する場合には、粉状の天然素材で作られているモノが効果が感じやすいと思います。

 

 

水分不足

便秘になると便が硬くなって、なかなかトイレに行っても出すことが出来ずに、ひどい場合には、痔になる場合もあります。このようになる原因は、腸内に長い間、便がとどまっている事によって、便から水分が減るからです。この為、水分をシッカリと補充して、便からの水分が減るのを予防すると便秘の緩和に役立つと言われています。

 

 

ストレス

急に便秘になったというような急性便秘の場合には、ストレスが原因の場合があります。たとえば、旅行の時だけ便秘になるというのは、このようなストレスが原因の場合があります。

 

ストレスを感じない生活というのは、現代人には難しいと思います。その為、ストレスをいかに溜めないように、ストレス解消が出来る運動や規則ただっしい運動といったものを生活に取り入れて、規則正しい生活をするようにしましょう。

 

妊娠

妊娠すると便秘になる人が多いです。妊娠中に便秘になる原因は、妊娠初期はつわりによる食事量が少ない場合に起こりやすいです。妊娠中期から後期にかけては、胎児によって内臓が圧迫されることによって、便が詰まりやすくなり便秘になる人がいます。

 

内臓の圧迫というのはどうにもならないのですが、スムーズに便が腸内を移動できるように腸内環境を整えておくのが大切です。特に、妊娠中は、便秘薬などの薬は使いたくない時期なので、天然成分で作られているオリゴ糖で、腸内の善玉菌を増やすのが効果的です。

 

 

食事量が少ない

ダイエットをしていて、食事の量が少ない人、または、小食の子供と言った場合には、食事の量が少ないので、便の元になるモノが少なくなるので便秘になることがあります。

 

この為、便を作る為に、頑張って食事量を増やす必要があります。出来れば、食物繊維を意識して摂るようにすると良いです。

 

 

酵素量の不足

年齢の経過とともに便秘になった人で、野菜やフルーツなどを食べる量が少ない人の場合には、酵素量が不足している可能性があります。体内酵素は、年齢の経過とともにどんどん少なくなります。酵素は、基礎代謝と消化などに使われますが、まずは、人間が生きる為に、基礎代謝に優先的に酵素が使われます。

 

この為、体内の酵素量が減った場合には、消化に使われる酵素が減るので、消化がスムーズに行われなくなります。このような場合には、酵素サプリなどで酵素を補うことで、消化をスムーズに行い便秘を緩和することが出来る場合があります。

 

 

排便の我慢

普通は、排便したいと思ったタイミングにトイレに行って出すのが大切です。しかし、仕事など、どうしてもトイレにいけない場合には、トイレに行きたくなったとしても便を出すことが出来ないと、腸内の便から水分が奪われます。すると、便が硬くなって出し行くくなるので便秘になりやすくなります。

 

便を硬くしないためには、水分をしっかりと取り、腸内環境を整えるのが大切です。

 

 

運動不足

運動不足になると、カラダの代謝が悪くなる事があります。また、腹筋が無い人の場合には、便を出す力が弱っている場合があります。このように、運動不足が原因で便秘になっている場合には、適度な運動習慣や腹筋を鍛えることで、便が出しやすくなります。

 

 

薬の服用

便秘になる原因としては、腸内の善玉菌が少なく、悪玉菌が多い場合です。もしも、薬を飲んでいる場合には、薬が強すぎて、腸内の善玉菌を殺してしまっている場合があります。このような場合には、医師に相談して、薬を調整してもらうのが良いと思います。

 

もしも、薬をあまり増やしたくない場合には、ヨーグルトやオリゴ糖、食物繊維などの食事で便秘を解消すると良いです。